LINEで送る
Pocket

ドロ刑

中島健人と遠藤憲一が共演する、
ヒューマンドラマ
「ドロ刑 警視庁捜査三課」

泥棒が若手刑事を教育するという、
一風変わった設定が見どころ!

福田秀の同名コミックが原作

忙しくて見逃した人、
放送地域外の人、
録画し忘れた人、
「ドロ刑」の見逃し配信動画は、
Huluで全話見れますよ!

⇒Huluの登録はこちら!
↓Huluの登録方法と解約方法はこちら!
⇒Hulu(フールー)の無料トライアルの登録方法と解約方法!画像つきで解説!

目次

ドラマ「ドロ刑」1話の見逃し配信動画はHuluで見れる!

「ドロ刑」の見逃し配信動画は、
放送直後からHuluで全話見れますよ!

⇒Huluの登録はこちら!

各話放送後の1週間以内なら、

TVer(ティーバー)
⇒https://tver.jp/

で無料で見れますが、TVerは

  • CMが入る
  • 画質が悪い
  • 最新話を1週間しか配信しない

といったデメリットがあります。

もう1度見返したり
CMが入るのが嫌なら、
動画配信サービスで見るしかありません。

配信 月額料金(税込) 無料期間
U-NEXT × 2,149円 初回31日間無料
FOD × 959円 初回1ヶ月間無料
(Amazonアカウントのみ)
Hulu
見放題
1,007円 初回14日間無料
dTV × 540円 初回31日間無料
Netflix × ベーシック:
846円
スタンダード:
1296円
プレミアム:
1944円
初回1ヶ月間無料
ビデオパス × 606円 初回30日間無料
ビデオマーケット × 1,058円 初回30日間無料
Paravi(パラビ) × 999円 初回30日間無料
TSUTAYA TV × 1,008円 初回30日間無料
PrimeVideo × 月額プラン400円
年間プラン3600円
初回30日間無料

◆「ドロ刑」が見れるHuluとは?

Huluは月額1,007円(税込み)で、
配信動画が全て見放題!

14日間のお試し期間中であれば、
無料で使えます。

Huluのその他のサービスについては、
以下の記事で詳しく書いています。

⇒Hulu(フールー)のメリットとデメリット!サービス内容を解説!

秋ドラマの

  • 「部活、好きじゃなきゃダメですか?」
  • 「今日から俺は!!」
  • 「ブラックスキャンダル」
  • 「プリティが多すぎる」
  • 「獣になれない私たち」
  • 「PRINCE OF LEGEND」

その他にも、

  • 「ウォーキングデッド シーズン9」
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」
  • 「デイアフターZ」

などの海外ドラマや、

  • 「ハリーポッターシリーズ」
  • 「ラ・ラ・ランド」
  • 「パシフィック・リム」

といった映画も見れます。

月額料金以外に
よけいな費用がかからない
ので、
シンプルに動画を楽しめますよ♪

⇒Huluの登録はこちら!
↓Huluの登録方法と解約方法はこちら!
⇒Hulu(フールー)の無料トライアルの登録方法と解約方法!画像つきで解説!

出演者や製作者のためにも、
公式で配信されている
動画サイト
を使いましょう!

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」の基本情報

脚本:林宏司
音楽:木村秀彬
演出:大谷太郎・中島悟・高橋朋広
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:能勢荘志・次屋尚・関川友理
制作協力:The icon
製作著作:日本テレビ

主題歌:Sexy Zone
「カラクリだらけのテンダネス」

「ドロ刑」のキャスト

斑目勉:中島健人(Sexy Zone)

イマドキさとり世代の警察官。

「安定しているから」という理由で
警察官の道を選び、極力残業は避けて、
プライベートの充実をはかることを公言していたが、
なぜか突然本庁の刑事部に抜擢されることに…。

ひょんなことから伝説の大泥棒・煙鴉と出会い、
その正体を言い当てたことをきっかけに、
なぜか煙鴉から泥棒を捕まえる
刑事のイロハを教わることとなり、
眠っていた正義感が再び燻ぶりはじめる。

煙鴉の助けもあって、
事件解決に一役買ったせいか、
捜査三課の新設部署である第13係に配属される。

煙鴉(けむりがらす):遠藤憲一

証拠ゼロ、痕跡ゼロ、
残していくのは不思議な煙草の香りのみで、
警察も正体を全くつかめない伝説の大泥棒。

技は超一流、華麗な手口で盗みを繰り返すが、
その真の目的は誰も知らない。

あらゆる泥棒の手口はもとより、
泥棒の心理や心情なども熟知しており、
泥棒を知り尽くした大泥棒。

新米落ちこぼれ刑事斑目と出会って、
なぜか彼に泥棒を捕まえる刑事の道を伝授し、
一流の刑事に育てていくこととなる。

鯨岡千里:稲森いずみ

捜査三課13係をほんわかとまとめる女性係長。

基本、みんなの“お母さん”的役割を意識している。

どこまでが本気で、
どこからが冗談なのかがわからない、
とらえどころのないひたすら天真爛漫な人。

曲者ぞろいの13係の面々にとっても
一筋縄ではいかない存在。

思慮深いのか何も考えてないのか
わからない彼女の独特の指示は、
しばしば混乱をきたすこともある。

が、そのせいで、
かえって13係が一致団結してしまったりもする。

小平美希:石橋杏奈

とことん前向きな性格の美女警察官。

音大を卒業し、警視庁音楽隊に入隊。

しかし13係創設に伴い、
なぜか刑事に抜擢(?)。

実は絶対音感を持っており、
音や声の聴き分けに関しては
スーパーコンピューター並みの精度を誇る。

上司の説教も音階に聞こえるとか。

気持ちが高ぶるとオカリナを演奏してしまう。

皇子山隆俊:中村倫也

捜査一課出身の元エリート。

「煙鴉」の事件解明に刑事生命を賭ける執念の男であり、
やがて実績を上げていく斑目をライバル視し始める。

ある時から煙鴉の事件以外にはほとんど興味を示さなくなり、
必要最低限の任務しかこなさない。

かつては犯人逮捕の為には手段を選ばない
貪欲さを持つ熱心な刑事だった。

ただし、かなりの変態で、極度の脚フェチ。

宝塚瑤子:江口のりこ

変幻自在で変装が得意な女性刑事。

どんな場所にでも馴染めるレパートリーを持っている。

一応斑目の教育係だが、一緒に張り込んでいても、
すぐに自分だけサボろうとする。

ギャンブル大好きで勝負事が好き。

「刑事は人脈が大切」と言いながら、
夜な夜な飲みに出かけている。

細面隆一:野間口徹

人間データベース刑事。

捜査三課の持つ犯罪記録がすべて頭に入っている
手口捜査のスペシャリスト。

対人恐怖症の気があると自称し、
もっぱら事務を得意とする。

基本デスクから離れたがらない。

あらゆる泥棒の手口を把握する
人間データベースであるとともに、
コンピューターも使いこなし、
書類作成も異様に早い。

が、たまにフリーズする。

霞沙織:田中道子

警視庁科学捜査研究所研究員。

いわゆる科捜研の女。

科学捜査の知識に長けていて、
三課の捜査を助けてくれるように見えて、
独自に研究した謎の機器を用いて
誤情報を与えてしまうこともしばしば。

スタイルがよく、
脚フェチの皇子山の目線を感じてはいるが
シカトしている。

宵町時雄:生島翔

警視庁近くに店をかまえるバーのマスター。

煙鴉が訪れ、やがて斑目も常連になっていく。

どこまで二人の話を聴いているのか、
どこまで煙鴉の存在を把握しているのかは謎。

プロ意識が高く、ドリンクもサービスも一流で、
店で聴いた秘密は厳守する。

昭和レトロの趣味があり、
店のインテリアにも取り入れている。

なぜか昭和の名優の逸話に詳しい。

勝手田利治:丸山智己

単独行動が好きな肉体派刑事。
ザ・体育会系。

相当体力があり、
まだまだ体力では若い奴には負けないと思っている。

チームプレーをかき乱しているが、
自分では協調性があると思っている。

硬派ではあるが実は女好き。

シャイなので思いを伝えられないが、
周りには完全に気づかれてしまうタイプ。

軟派で軟弱な斑目を見て、
「近頃の若手は…」と、イライラしている。

左門陽作:板尾創路

元スリ捜査専門の刑事。
捜査三課の古株。

昭和の刑事の生き残りで、
「ザ・ドロ刑」のようなオヤジ。

捜査に打ち込みすぎて家庭を犠牲にした過去を持つ。

今は捜査よりも酒が好きなオヤジだが、
かつては、かなり強引な捜査や取調べを得意とし
様々な窃盗犯を検挙してきた。

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」のあらすじ

新米刑事が泥棒を相棒に難事件に挑む!
子供から大人まで誰もが楽しめる、
新感覚刑事ドラマ!

主人公は最も身近な犯罪、
窃盗の捜査をする警視庁捜査三課の新米刑事
斑目勉(まだらめつとむ)。

警察組織の論理や現実を前に
すっかりやる気を失くしていた。

そんな斑目が出会ったのが、過去の目撃者ゼロ、
痕跡ゼロで誰も姿を見たことのない
幻の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)。

煙鴉は、なぜかことあるごとに斑目にちょっかいを出し、
捜査協力までしてくれるようになる。

やる気を失っていた新米刑事が、
伝説の大泥棒の豊富な知識と、
巧みなアドバイスを受け、

時に力を合わせ、
時に反目しながら事件を解決し、
一癖も二癖もある犯人、

先輩刑事たちに揉まれながら刑事として、
人間として大きく成長していく。

やがて成長した刑事斑目は、
大泥棒煙鴉を捕まえるのか?

斑目に力を貸す煙鴉の真の狙いは、
いったい何なのか?

引用:https://www.ntv.co.jp/dorokei/

↓原作コミックの購入はこちら!
⇒eBookJapan

「ドロ刑」10話・最終回のあらすじと感想

煙鴉(遠藤憲一)が次なるターゲットとして名前を書き残したのは
柏田不動産の会長『龍崎一郎』。

13係で手分けをし、龍崎の会社周りを警護することになった
斑目(中島健人)と瑤子(江口のりこ)、
さらに勝手田(丸山智己)と左門(板尾創路)も加勢して
厳重すぎる警備体制を敷く。

しかし煙鴉の仕掛けた巧妙な罠にはまり、
龍崎のポケットに入っていたある物が盗まれてしまう!

今まで煙鴉が盗んだ物が全て個人情報に関する物だと気付いた斑目は、
煙鴉の目的が何なのか考えを巡らせる…。

そんな中、皇子山(中村倫也)は美希(石橋杏奈)から
20年前に分譲地として売りに出されていた
“虹の見える丘公園”がギルバート記念病院に関連がありそうだと聞く。

自殺した妹・真里(真魚)の死の真相を追う皇子山は、
真里が慕っていた医師・伴(村松利史)の口を割らせようと、
警察として一線を超えた行動に出て…。

そして水面下で警視総監の真鍋(本田博太郎)と
通じていた鯨岡(稲森いずみ)は
警察にとって不都合なある情報を握る煙鴉を
存在ごと握り潰す目的で13係を利用しようとしているようで…!?

その夜、斑目は新聞記者の近藤から
斑目の持っているという『日本を揺るがすネタ』を教えて欲しい、
と声をかけられる。

表の顔は犯罪ジャーナリストを装っている煙鴉が、
自分に何かを伝えるために
近藤をよこしたのだと直感する斑目だが…。

そんな中、ある新聞記事の写真を解析していた細面(野間口徹)と、
これまで煙鴉の関与した窃盗について調べていた美希、
そして皇子山の情報が合わさり、
煙鴉の正体がとうとう明らかになろうとしていた。

しかし、煙鴉を追うことは、
かつて行われたある大きな不正を暴くことに繋がっていて…!!

煙鴉が仕組んだ命がけの復讐劇のフィナーレを前に、
斑目と13係が最後に選んだ道とは!?

◆「ドロ刑」10話・最終回の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」9話のあらすじと感想

斑目(中島健人)は煙鴉(遠藤憲一)に利用されていたことが信じられずショックを受けている。

そんな中、斑目のIDを偽造した何者かが13係に侵入し、
1万円札200枚を部屋にばらまくという事件が起きる。

部屋には煙鴉の煙草の香りが残されていて…。

煙鴉から13係への明らかな宣戦布告にますます複雑な心境の斑目に、
皇子山(中村倫也)は煙鴉がただの泥棒ではなく人を殺していると告げる。

皇子山の言葉から、ある事件を調べた斑目は、
5年前ギルバート記念病院の医師だった
皇子山の妹・真里(真魚)が、
自宅に持ち帰ったある資料を盗まれた後、
不審な自殺を遂げていたことを知り…。

鯨岡(稲森いずみ)から
斑目の処遇を委ねられた13係のメンバーたちが
斑目をフォローし煙鴉逮捕に向けて結束を強めるものの、
斑目はそれでも煙鴉が悪人とは思えず…。

そんな中、夜道で突然斑目の前に現れた煙鴉は
意味深な言葉を語る。

自分に近づいた真意を問いただそうと食い下がる斑目に、
煙鴉は迷わず銃口を向けて…!!

煙鴉が現場に残したコースターに書かれた
『七波隆』という人物が
次のターゲットと睨んだ13係は拳銃を携行の上、
係をあげて煙鴉逮捕に全力を尽くすことに。

会社の名誉顧問をしている七波のオフィスと
自宅の侵入ルートを調べていた13係メンバーは、
かつて七波が答えていたインタビューから
煙鴉の目的は七波の手帳だと予測し、
翌日に七波のオフィスで開かれるシンポジウムを張り込むことに。

そして翌日、シンポジウムに
詰めかけた人々を見張る13係メンバーたちのもとに
駆けつけた斑目は煙鴉の香りに気づき、その姿を探す。

一方、現場で七波を見張っていた左門(板尾創路)は、
その周りに集まった参加者が
全員スリの目をしていることに気づく!!

その中の一人が七波を突き飛ばし…!!

逃げようとした男を慌てて取り押さえる
瑤子(江口のりこ)と左門だが、その隙に煙鴉が現れ…‼

果たして煙鴉が13係へ宣戦布告をした目的とは?

そして、煙鴉が斑目に近づいた本当の理由とは!?

◆「ドロ刑」9話のゲスト出演者

真理:真魚

皇子山の妹

◆「ドロ刑」9話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」8話のあらすじと感想

煙鴉(遠藤憲一)が斑目(中島健人)の前から姿を消して数週間。

その帰りを待ちわびる斑目の一方、
皇子山(中村倫也)はある病院のセキュリティールームで起きた
データの窃盗事件の犯人が煙鴉だと睨んでいた。

そんなある日、煙鴉がいつものバーに、
しれっと現れる。

皇子山が煙鴉を疑っていると伝えた斑目に、
煙鴉は「大人の言うことを信用するな」
と意味深な言葉を語るが、
その時、斑目の携帯に職場から急な呼び出しが入り…

急いで戻った斑目を待っていたのは、
器物損壊で捕まったという男(大友康平)。

取調べ室で、完全黙秘を貫き身元不明、
指紋まで焼き消す徹底ぶりで正体を隠す男が、
自分は煙鴉だと言い出し…!!

13係では自称・煙鴉の“煙鴉である証拠”を聞き出そうと
一同が意気込む中、男は2年前に窃盗に入った家の住所を告げる。

裏をとると、確かにそこでは
煙鴉が犯人と考えられている未解決の窃盗事件が起きていて…。

煙鴉しか知り得ない情報を吐かせることで
本人である確証を掴もうと、
取り調べ室では“秘密の暴露”をさせようと試行錯誤する。

しかし、男が暴露したのは
取り調べを担当した左門(板尾創路)や
皇子山たちの知られたくないプライベートの秘密!

なぜか13係メンバー全員の裏情報を掴んでいる男に
取り調べチームは驚愕と動揺を隠せず…

一方、2年前の事件を再捜査する斑目は
“鑑識が探さないところに証拠はある”
という煙鴉の言葉をヒントに、
現場の目立たない窓に開いた小さな穴を見つける。

その夜、自分のニセモノが現れたことを知り憤慨する煙鴉は斑目に、
一流の泥棒は理にかなった動きをする、と新たな助言をして…。

翌日、自称・煙鴉の男が
新たに自白した未解決窃盗事件の再捜査をする斑目は
煙鴉の助言に従って再び新たな証拠を見つける。

そんな中、パソコンの普及により
アナログな手口捜査の需要が減って
リストラに怯える対人恐怖症の細面(野間口徹)は、
指紋も名前も捨てた正体不明の男の孤独に一人思いを巡らせていた。

そして、2年前の事件現場で見つかった指紋が
ある意外な人物のものと判明し、捜査は混乱を極める!

果たして自称・煙鴉の男の正体は!?
そしてその目的とは一体!?

◆「ドロ刑」8話のゲスト出演者

謎の男:大友康平

自称“煙鴉”

◆「ドロ刑」8話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」7話のあらすじと感想

窃盗事件が多発している
病院に潜入捜査をすることになった13係。

斑目(中島健人)と美希(石橋杏奈)は、
潜入捜査のスペシャリスト・瑤子(江口のりこ)の指揮のもと、
看護師と研修医に扮して病院へ行くことに。

内部犯がいる可能性も考慮し、
院内で潜入捜査が行われるのを知るのは
外科部長の安斎(神保悟志)と
看護部長の鬼塚(猫背椿)の2人だけ。

他の医師や看護師に潜入捜査がバレないか緊張する斑目だが、
瑤子は堂々と他大学から来た医師になりきり、
斑目を驚かせる。

清掃員に扮した勝手田(丸山智己)や、
外来患者のふりをした左門(板尾創路)など
13係のメンバーが潜入捜査をする一方、

見舞客のふりをして病院に紛れ込んだ
窃盗犯“カメレオンの卓”こと米田卓三(半海一晃)は
院内を悠然と物色していて…

そんな中、最近斑目の前から姿を消した
煙鴉(遠藤憲一)の逃亡を警戒する皇子山(中村倫也)は、
鯨岡(稲森いずみ)に家のガサ入れ(=家宅捜索)を提案するが、
なぜか鯨岡は病院での窃盗捜査に専念するようにと
ガサ入れを認めず…

院内で具合の悪くなった入院患者の
文子とその夫・源蔵を助けて感謝された斑目は、
文子が院内で結婚指輪を盗まれたことを知る。

元気のない2人に同情する斑目だが、
元気がないのは窃盗被害のせいだけでなく、
黒い噂の耐えない安斎が
手術を担当するためだと相談される。

その頃、応援に現れた皇子山は瑤子から、
安斎が窃盗によるデータの漏洩がないかを心配しており
フォローしてほしいと頼まれていた。

皇子山は、院内に知り合いの医師がいるようで…

そんな中、偶然卓三の犯行現場に居合わせた斑目は
現行犯逮捕の大金星を上げる!

卓三が余罪を吐き、一件落着と思われた矢先、
看護部長の鬼塚が、
斑目と瑤子に思いもよらない告白をして
事件は急展開を迎える…!!

◆「ドロ刑」7話のゲスト出演者

安斎:神保悟志

外科部長

鬼塚:猫背椿

看護部長

米田卓三:半海一晃

窃盗犯“カメレオンの卓”

◆「ドロ刑」7話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」6話のあらすじとゲスト出演者と感想

勾留中の被疑者を現場に連れて行き
犯行の経緯を説明させる“引き当たり捜査”を
鯨岡(稲森いずみ)から命じられた斑目(中島健人)は、
自分への期待にプレッシャーを感じる。

しかし、実際には車の免許を持っていない
美希(石橋杏奈)を補佐するための
運転手兼写真係だと知り意気消沈。

早速いつものバーに行き、
雑用係を押し付けられたことを煙鴉(遠藤憲一)に愚痴る。

窃盗犯と泊りがけで地方に行く
今回の引き当たりをお気楽旅行だとナメる斑目に煙鴉は、
被疑者の人間を見るチャンスだが、
逃亡の危険も伴う、と忠告するが…

斑目たちが担当するのは、
万引きの初犯でスーパーで捕まったところ、
被害総額1500万円にのぼる65件の窃盗の余罪を吐いた
専業主婦の鳥飼和子(余貴美子)。

鍵のかかっていない家を鋭く見つけ出して空き巣に入る
“無錠の空き”と呼ばれる窃盗犯で、
和子の犯行を全く知らなかった夫は
ショックからか入院しているという。

捜査には皇子山(中村倫也)と瑤子(江口のりこ)も
補助として同行することに。

そして、和子が合流し、
斑目たちの車は犯行場所の長野へ。

緊張で固まる美希と
気の抜けた斑目の様子を観察していた和子は、
車内で朗らかに話しかけ、会話の主導権を握る。

現場に着き、記憶力のいい和子の供述で
捜査は順調に進むと思われたが、
突然住人が和子に罵声を浴びせ…!

一方、東京の煙鴉は
ある男からなぜか皇子山に関する資料を受け取っていた。

そして、何も知らずに
和子の引き当たりを続ける斑目たちのまわりを
怪しい人影がつけ狙っていて…

そんな中、和子を悪い人とは思えず隙を見せる斑目は、
和子が犯罪に手を染めた身の上を聞き、気の毒に思う。

報われない人生の中
やっと出会った夫の連れ子だった娘との関係がうまくいかず、
盗みをしている時だけ気が紛れたという和子に同情する斑目は、
窃盗症(クレプトマニア)なのでは、と皇子山たちに話すが…

その頃、13係では、
細面(野間口徹)たちが和子の意外な経歴に気付き、
捜査を案じていた…

果たして、腹の底の知れない和子の本心と狙いとは!?
さらに、斑目たちに予期せぬ危険も迫っていて…!!

◆「ドロ刑」6話のゲスト出演者

鳥飼和子:余貴美子

空き巣の窃盗犯“無錠の空き”

◆「ドロ刑」6話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」5話のあらすじとゲスト出演者と感想

13係でいまだに非協力的な
皇子山(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡(稲森いずみ)は、
その心中を探るため、斑目(中島健人)を使うことに。

同僚を調べることは
エリートにしか許されない仕事だとおだてられ、
すっかりその気になった斑目が
早速バーで煙鴉(遠藤憲一)に報告していると、
ちょうど皇子山がやってくる。

相変わらず煙鴉の身辺を嗅ぎ回る皇子山だが、
煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」
と言い残して…。

泥酔した斑目を残し、煙鴉を尾行していた皇子山は、
その途中一軒家で老人が殺されているのを発見する!

翌日。13係ではどのネタ(=事件)を扱うかを
鯨岡に一人一人がプレゼン。

鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、
斑目がプレゼンした空き巣の常習犯
“白昼の蝙蝠こうもり”こと
東村洋介(三遊亭好楽)のネタが
なぜかあっさりと選ばれる。

さらに鯨岡から現場の汚れ仕事よりも
皇子山の事を優先するようにと言われた斑目は
ますます調子に乗り…

優秀な刑事だった皇子山が
捜査一課から三課に来た理由について様々な噂が飛び交う中、
斑目は皇子山に直球で質問を投げる。

ある男を追っていたら
突然異動になったと話す皇子山は、
煙鴉は人を殺していると言い…

そんな時、皇子山の携帯に煙鴉から電話がかかり、
ある住所を告げられる。

そして、向かった先で発見したのは、
なんと、また女性の死体で…

一方、動きのない
東村のアパートを張り込んでいた
瑤子(江口のりこ)と美希(石橋杏奈)は、
高齢の東村を見て空き巣に入れるわけがないと判断。

斑目は張り込み部屋の撤収を命じられる。

意気消沈して部屋を片付ける斑目だが、
東村が自宅で怯えながら
一心不乱に祈っている姿が気にかかっていた…

そして、ひょんなことから
東村に気に入られアパートに入り浸るようになった斑目は、
東村が一人になると祈る理由がどうしてもひっかかっていて…

斑目と皇子山、
二人の刑事が近づくことで
事件は意外な展開を見せて行く…

◆「ドロ刑」5話のゲスト出演者

東村洋介:三遊亭好楽

空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠(こうもり)”

◆「ドロ刑」5話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」4話のあらすじとゲスト出演者と感想

都内で開催される一大コミフェスを狙い、
全国のスリ集団が集結するという情報が寄せられる。

警視庁の威信をかけ、
三課ではイベントに向けて
係ごとの検挙数を競い合うことに。

三課内でもバカにされている13係では、
鯨岡(稲森いずみ)が
「最底辺のど根性を見せよう」
と張り切るが、

もはやお荷物集団であることを隠さない空気に
メンバーはどんより。

そんな中“異例の大抜擢”で
モサ(=スリ専門の刑事)の左門(板尾創路)と
コンビを組むことになった斑目(中島健人)は、
ひたすら歩き回ってモサの基本を叩き込まれる。

初日から疲れ果て、
早速バーで愚痴をこぼす斑目に煙鴉(遠藤憲一)は、
スリとモサはお互いに厳しい修練を必要とする
職人の世界の真剣勝負だと説くが…

翌日。左門は、痴漢、万引き、
そしてスリにはそれぞれ独
特の“眼め”があるのだと語り、

中でも“スリ眼め”を見抜くには
最低3年かかると聞き絶句する斑目だが、
左門は目の前でスリ眼めを見抜き現行犯逮捕をしてみせる。

左門の鮮やかな腕に驚く斑目だが、
その一部始終を見ながらニヤリと笑っていた
“指に傷のある男”に気づき…

斑目の話を聞いた左門は、
史上最高のスリ“機械屋銀次”こと
大文銀次(杉本哲太)が現れたと血相を変える!!

特殊なカミソリ刃を使い中身を盗んでも、
決して人は傷つけないという信条を持つ銀次は
5年前に引退したはずなのだが…

再び姿を現した銀次は、
斑目と左門の目の前で一瞬の神業でスリをして見せる。

慌てて確保する斑目だが、
一枚上をいく銀次にあしらわれ、逮捕は失敗。

斑目を見た銀次は左門に
「30年前のお前よりひどい」と話し、
イベント当日は選りすぐりのスリが集まると忠告を残す…

スリから足を洗ったはずの銀次が
戻ってきた本当の理由とは一体何なのか…!?
泥棒vs刑事の真剣勝負が始まる!

◆「ドロ刑」4話のゲスト出演者

大文銀次:杉本哲太

史上最高のスリ“機械屋銀次”

ジャガー横田

女性専門のスリ集団、
通称“茨城くのいち”のメンバー

◆「ドロ刑」4話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」3話のあらすじとゲスト出演者と感想

犯人逮捕に貢献して以来、
勝手田(丸山智己)から一方的に
“後継者”と認められ熱血指導を受けるはめになった
斑目(中島健人)。

お茶汲みや掃除など
一見捜査と関係のない無駄な雑務をさせられウンザリする。

一方、皇子山おうじやま(中村倫也)の下についた
美希みき(石橋杏奈)は
「流行りの店に行かないと流行りの泥棒は捕まえられない」
という謎の名目で
連日フレンチの会食に連れ回され、げんなり。

そんな中、高度なハッキング技術で
電子キーの金庫を破る金塊強奪事件が発生する。

相当計画的な犯行と見た鯨岡(稲森いずみ)は、
13係の手に負えない事件は早々に諦めて
検挙率の上げやすい自転車泥棒で数を稼ごうと
最初から諦めモード。

斑目は『精鋭部隊』とは程遠い
13係からの異動を願い出るが相手にされず…

一方、金塊を盗んだ窃盗団の事務所では、
本業のオレオレ詐欺の業績が先細っていることで、

金庫の暗号解析アプリの開発で
窃盗団のボスから期待を寄せられる
『タナカ』こと河原順平(寛一郎)が
人知れず自分の仕事に息苦しさと不満を感じていた…

その夜、いつものバーで
仕事の不満を爆発させる斑目を諭そうとする
煙鴉(遠藤憲一)だが、斑目は聞く耳を持たず…

憂さ晴らしに煙鴉に渡されたクーポン券を持って
ゲーセンにやってきた斑目は、
対戦ゲームで対決した男とゲームの話で意気投合し、
職業を偽りつつ仕事の愚痴をこぼす。

IT系の仕事をしていると話す男は斑目に気を許し、
「会社を手伝わないか?」
と持ちかけるが、実はこの男こそ窃盗団の順平で…!!

順平の正体を知り、
最初から煙鴉が仕組んでいたと気づいた斑目は
慌ててバーに戻るが、煙鴉は
“潜入捜査”で手柄を上げろとけしかける!

人として気の合う順平を
潜入捜査で欺くことに心を痛める斑目だが、
窃盗団による次の犯行日が近づいていた。

そして現行犯逮捕を狙う当日。

13係が張り込む中、
前代未聞のトラブルと大ピンチが斑目を襲う!

◆「ドロ刑」3話のゲスト出演者

河原順平:寛一郎

天才ハッカー

石森:小山力也

窃盗団のボス

◆「ドロ刑」3話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」2話のあらすじとゲスト出演者と感想

異動早々大物の泥棒を捕まえたことで、
精鋭を集めた捜査三課の新設部署『13係』に
選ばれたと張り切る斑目(中島健人)。

しかしその実体は、
お荷物刑事の寄せ集めだと知り出鼻をくじかれる。

そんな中、係長・鯨岡(稲森いずみ)によって
発表された最初の事件は、
住人が寝静まった家で盗みを働く
“ノビ”という忍び込みの泥棒による事件。

手口捜査のプロだが
極度の人見知りの細面(野間口徹)は、
わざと痕跡を残す独特の犯行手口から、
ノビの大物・通称“黒蛇”こと
大堂吾郎(笹野高史)の犯行と推測。

大堂という名前を聞いた勝手田(丸山智己)は、
なぜか怒りに震えて…

一同は早速大堂の“ヤサ”(=家)を見つけ出そうと
手分けして捜査を始める。

斑目は大堂がかつてよく現れた沿線で
皇子山(中村倫也)と共に張り込むが、
元捜査一課でプライドの高い皇子山は
「こんなの俺がやる仕事じゃねえ」
と帰ってしまい…。

諦めモードで駅前に張り込んでいた斑目の前に
煙鴉(遠藤憲一)が現れ、
13係の面々のやる気のなさを愚痴る斑目に、
煙鴉は行き交う人の中で
必死に大堂を捜している勝手田の姿を見せる。

勝手田に合流する斑目だが、
斑目が目を離した隙に
勝手田の前に大堂が自ら姿を現わして…!

急遽、大堂を尾行することになる斑目だったが、
凡ミスにより大堂を追えず大目玉をくらう。

煙鴉のサポートで、13係の捜査は急展開。

全員総出で行動確認のための張り込みが行われる。

しかし、いよいよ大堂が次の犯行に動き出したその時、
13係の前に立ちはだかったのは意外な相手!!

捜査はまさかの中止の危機に!?

追う者と追われる者、
執念のバトルを前に煙鴉が斑目にかけたのは
「俺が……お前を悪にしてやる」
という言葉だった…

◆「ドロ刑」2話のゲスト出演者

大堂吾郎:笹野高史

大泥棒・“黒蛇”

タクシー運転手:喜矢武豊

◆「ドロ刑」2話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

「ドロ刑」1話のあらすじとゲスト出演者と感想

夜明け前の閑静な住宅街の邸宅に忍び寄る怪しい人影。

厳重なセキュリティーをすり抜け、
いとも簡単に金庫を破った男は、
優雅に煙草をくゆらせていた…

翌朝、現場でその華麗な手口を目にした
捜査三課の刑事・皇子山隆俊(中村倫也)は、
ある人物の犯行と確信する。

その男こそ、煙草の香りの他はどんな証拠も残さず、
誰もその姿を見たことがないという伝説の大泥棒
通称:煙鴉(遠藤憲一)である。

その頃、非番の若手警察官・斑目勉(中島健人)は、
電車内で泥棒騒ぎに遭遇。

せっかくのオフを台無しにしたくないと
見て見ぬ振りを決め込むものの、
すられていたのはなんと自分の財布で…

「公務員は安定している」
という理由で警察官になった斑目は
あらゆる課でお荷物扱い。

本人も自分が警察官に向いていないことは自覚しているのだが、
その噂を聞きつけた警視庁の鯨岡千里(稲森いずみ)から
なぜか華の刑事部へ引き抜きの声がかかり…!?

刑事部へ異動したものの、花形の捜査一課ではなく、
窃盗事件を専門にする
地味な三課の泥棒刑事であることを
たまたまバーで隣り合わせた男に愚痴る斑目。

そのダメっぷりに呆れる男だが、
帰り際に斑目にかけられた一言に愕然とする。

「煙鴉さん」…と

翌日、三課の面々は
10年に一度の大物空き巣“キツツキのマサ”こと
瀬戸正次郎(高橋克実)の現場を押さえようと
捜査を進めていた。

宝塚瑤子(江口のりこ)と共に張り込む斑目だが、
一人になった途端瀬戸に尾行がばれ、
上司から大目玉を食らう。

度重なる失敗でうなだれる斑目の前に
再び現れた煙鴉は「お前に捕まえさせてやる」と言うと、
ある場所に連れて行く。

その先に現れたのは、なんとあの“キツツキのマサ”で…!

勢い余って犯行前に瀬戸を捕まえてしまった斑目。

しかし、警察に勾留できる48時間のうちに
自供がなければ瀬戸は釈放されてしまう…

刻々と迫る制限時間の中、
余裕の笑みを浮かべる瀬戸を相手に焦る三課の刑事たち。

斑目は煙鴉の助けを借りるが…

二転三転する展開に
主導権を握っているのは誰なのか!?
先の読めない心理戦が繰り広げられる!

◆「ドロ刑」1話のゲスト出演者

瀬戸正次郎:高橋克実

空き巣のキツツキのマサ

スリ:ひょっこりはん

◆「ドロ刑」1話の感想

⇒Huluの登録はこちら!

ドラマ「ドロ刑」の動画を1話〜最終回まで無料見逃し配信で見る方法!あらすじや感想も! まとめ

中島健人と遠藤憲一が共演する、
泥棒と刑事という
異色のコンビのドラマ「ドロ刑」

今後どんな展開をみせるのか
楽しみですよね♪

「ドロ刑」は
Huluで全話見放題なので、
見逃した人も今までを振り返りたい人も、
ぜひ登録して見返しましょう!

⇒Huluの登録はこちら!
↓Huluの登録方法と解約方法はこちら!
⇒Hulu(フールー)の無料トライアルの登録方法と解約方法!画像つきで解説!

※この記事の情報は11月13日現在のものです。
最新の情報はHuluにて確認してください。

LINEで送る
Pocket