LINEで送る
Pocket

坂本花織選手は、
シニアデビュー戦のアジアフィギュア杯で
いきなり優勝。

シニア1年目でオリンピックに選ばれ、
堂々の6位入賞。

2018年四大陸選手権優勝し、
グランプリファイナルにも出場するなど、
活躍が目覚ましいですよね!

そんな坂本花織選手について、
親の職業や通っている高校、
コーチや振付師
などについて調べてみました。


スポンサーリンク

坂本花織のプロフィール!親の職業や高校は?兄弟・姉妹は?

坂本花織親高校こけし
出展:https://skatingjapan.or.jp/

生年月日:2000年4月9日
星座:おひつじ座
身長:158cm
血液型:B型
出身地:兵庫県神戸市灘区(なだく)
家族構成:父、母、長女、次女

坂本花織選手がフィギュアスケートを目指すきっかけになったのが、
2003年のNHKドラマ「てるてる家族」

このドラマの主人公が
フィギュアスケート選手だったため、
ドラマの影響で4歳からフィギュアスケートを始めました。

◆坂本花織の親の職業は?姉妹はいる?高校はどこ?

坂本花織選手の父親の職業
なんと警察官!

母親の名前は坂本悦子さんで、
専業主婦をしています。

一般的にフィギュアスケートは
お金がかかると言われているので、
坂本花織選手にかかった費用は
ほとんど父親がだしていたと思われます。

警察官の平均年収は、
500万〜800万円

スケート靴や衣装だけでも10万円以上するので、
そこに練習費用なども加えると、
あまり生活に余裕はなかったのではないでしょうか?

坂本花織選手は三姉妹の末っ子

長女は14歳年上、
次女は12歳年上
と年齢が離れています。

これだけ年が離れていると、
お姉さんに甘えっぱなしだったのかもしれませんね。

坂本花織選手が現在通っている高校は、
神戸野田高等学校
⇒https://www.kobenoda-h.ed.jp/

高校3年生になるので、
卒業後の進路が気になりますね。

スポンサーリンク

坂本花織のこけし顔は実は美人顔!

坂本花織選手はよくこけし顔と言われています。

言葉だけ聞くとなんとも失礼に思いますが、
実は純日本顔で京美人な顔のことを指します。

平安時代の美人顔っぽい顔立ちでメイク映えするので、
化粧を覚えればとても美しくなるのではないでしょうか?

坂本花織のコーチや振付師は誰?

メキメキと実力を伸ばしている
坂本花織選手

そんな坂本花織選手を育てたコーチや、
プログラムの振付師
は誰なのでしょうか?

◆コーチ:中野園子

中野園子さんは、
学生時代に女子シングル選手として活躍後引退。

その後コーチに転向してグレアム充子さんと共に、
神戸フィギュアスケートクラブで、
二人三脚で選手の指導をしている。

坂本花織以外に三原舞依のコーチもしています。

◆シングルプログラムの振付師(2018−2019シーズン):デヴィッド・ウィルソン

カナダの元フィギュアスケート選手。

18歳で選手を引退後にプロに転向。
アイスショーで活躍後、
コーチ兼振付師として活動。

1990年代から伊藤みどりらの振付を担当。

羽生結弦
高橋大輔
恩田美栄
織田信成
安藤美姫
中野友加里

など、
多くの選手の振付を担当する人気振付師。

◆フリー演技の振付師(2018−2019シーズン):ブノワ・リショー

フランスの元男子フィギュアスケート選手。

引退後は音楽や衣装デザインを手がけていたが、
振付師としてフィギュアスケート界に復帰。

ネイサン・チェン
三原舞依
坂本花織
高橋大輔

などの振付を担当している。

どなたも超一流の人たちなので、
坂本花織選手も信頼しているのでしょう。

坂本花織の親や高校は?こけし顔は美人顔?コーチや振付師は誰? まとめ

坂本花織選手の
親の職業や通っている高校、
姉妹やコーチ・振付師
について紹介しました。

いかがでしたか?

安定したスケーティングスキルがあるので、
今後、トリプルアクセルなどの高難度のジャンプをものにすれば、
一気にトップに食い込めるだけの実力があります。

今後の坂本花織選手の活躍を応援しましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket