LINEで送る
Pocket

Windows Updateで、
「KB4480970」をインストールすると
Windows7の共有フォルダにアクセスできない
という不具合が発生しています。

この不具合について、
解決方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

KB4480970の不具合の解決方法は?

「KB4480970」の不具合の解決方法は、
KB4480970そのものをアンインストールすることです。

Twitterでも
「KB4480970」をアンインストールすると
治ったという報告
が相次いでいますね。

どうやら原因は
「KB4480970」で間違いないようです。

◆KB4480970のアンインストール方法

●Windows10の場合

1.スタート⇒設定

2.設定の中の「更新とセキュリティ」をクリック

3.Windows Updateをクリックして
更新の履歴を表示するをクリック

4.更新プログラムをアンインストールするをクリック

5.インストールされた更新プログラムの中から、
アンインストールするプログラムを選択

●Windows7の場合

1.スタート⇒コントロールパネル

2.プログラムのアンインストールをクリック

3.インストールされた更新プログラムを表示をクリック

4.更新プログラムの中から
アンインストールするプログラムを選択

スポンサーリンク

その他の解決方法は?

アンインストール以外での解決方法は、
マイクロソフトからの修正パッチを待つしかありません。

これがいつ配布されるかは現状分からないので、
急ぎの場合は「KB4480970」を
アンインストールする方法を選んだほうがいいでしょう。

Windows Updateでの不具合が、
多くなっているようです。

つい1週間ほど前にも、
EXCEL2010のファイルが開けなくなる不具合が、
Windows Updateが原因で起きていたようですね。

インストールした側は、
自分で解決するか修正パッチを待つしか方法がないので、
Updateをする前に、
一通りのチェックをしてほしいですね。

あまりパソコンに詳しくない方は、
すぐにUpdateせず、
不具合の情報が出ていないかどうかを調べてから
Updateするようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket