LINEで送る
Pocket

杉咲花主演のドラマ
「ハケン占い師アタル」

あらゆるものが見える能力を持つ派遣社員アタルが、
閉塞した会社に風穴を開ける
新しい働き方改革を提案する。

そんな「ハケン占い師アタル」
見逃し配信情報を紹介しましょう。

忙しくて見れなかった人、
放送地域外の人、
録画し忘れた人など、
ぜひ参考にしてみてください。

ドラマ「ハケン占い師アタル」の見逃し配信動画は、
ビデオパスで見れますよ!

⇒ビデオパスの登録はこちら!

目次

ドラマ「ハケン占い師アタル」の見逃し動画を無料で見る方法!

ハケン占い師アタル見逃し動画無料

「ハケン占い師アタル」
見逃し配信動画を見るなら、
動画配信サービス(VOD)を使うのがおすすめ!

VODなら、

  • 画質がいい!
  • CMがない!
  • スマホやタブレットでいつでもどこでも見れる!

などのメリットがありますよ♪

配信 月額料金(税抜) 無料期間
U-NEXT × 1,990円 初回31日間無料
Hulu × 933円 初回14日間無料
ビデオパス
見放題
562円 初回30日間無料
ビデオマーケット × 980円 初回30日間無料
TSUTAYA TV × 933円 初回30日間無料
PrimeVideo × 月額プラン400円(税込)
年間プラン3600円(税込)
初回30日間無料

※この記事の情報は2019年1月13日のものです。
最新の情報は公式サイトで確認してください。

▼ビデオパス

⇒ビデオパスの登録はこちら!

  • 初回30日間無料
  • 無料ポイント540pt付与
  • 月額料金が562円(税抜)と安い
  • auじゃなくても登録できる

ビデオパスは、月額料金が安く
無料ポイントももらえる
ので、
かなりお得に利用できます。

「リーガルV」や「ドクターX」など、
ビデオパスでしか
見放題じゃない作品がありますよ。


出演者や製作者のためにも、
公式で配信されている
動画サイト
を使いましょう!

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」のあらすじなどの基本情報

ドラマ「ハケン占い師アタル」の
あらすじやスタッフ、キャストや
主題歌の情報
を紹介しましょう!

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」のあらすじ

官民を挙げて“働き方改革”が叫ばれる現在。

しかし、労働時間の短縮や業務の効率化だけでは
なかなか解決されないのが、
“働く人々のリアルな悩み”です。

実際、人間関係や仕事との向き合い方で行き詰まり、
頭を抱え続ける人は多数…。

そんな“人間”だからこそ湧き上がる職場での葛藤や悩みに光を当て、
働く人々を希望の道へと導く“ニュータイプの救世主”が、
満を持して誕生します!

その救世主とは、派遣社員のアタルこと、
的場中(まとば・あたる)。

いつもニコニコしながら働くアタルですが、
実は“ある秘密”が…。

なんと、彼女には悩みや原風景をはじめ、
他人のあらゆることが見えてしまう特殊能力があるのです!

アタルはそんな一種の占い能力を駆使し、
周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していくことに…。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」のスタッフ


脚本:遊川和彦
(『家政婦のミタ』、『過保護のカホコ』、『はじめまして、愛しています。』ほか)
音楽:平井真美子
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:山田兼司(テレビ朝日)、山川秀樹(テレビ朝日)
太田雅晴(5年D組)、田上リサ(5年D組)
演出:遊川和彦、日暮謙(5年D組)、伊藤彰記(5年D組)
制作協力:5年D組
制作著作:テレビ朝日


主題歌:JUJU『ミライ』
(Sony Music Associated Records)

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」のキャスト

ハケン占い師アタル見逃し動画無料

的場中/アタル:杉咲花

「シンシアイベンツ」の制作Dチームで働き始めた派遣社員。

働くのはこれが生まれて初めて。
通勤時はニット帽にサングラス、コートを着用。

職場ではさまざまな初体験を喜び、
いつもニコニコしながら、
楽しそうに働いている。

実は、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見える特殊能力がある。

そして、この特殊能力が次々と、
同じ職場で働く“悩める社員たち”の心を救っていくことに…。

占うときは、普段と違う別の顔を見せる。

また、自分の過去については頑として語りたがらない。

上野誠治:小澤征悦

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。
主査。
入社23年目。

プライドが高く、傲慢かつ傍若無人。
小難しいカタカナのビジネス用語を多用する。

かつては将来を有望視されたエリートで、
管理職にも就いたが、結果が出せずに降格。

今も過去の成功例にしがみつき、
部下たちを小馬鹿にしているが…!?

神田和実:志田未来

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。
入社3年目。

丁寧な仕事をしたいと思っているが、
自分の選択に自信がなく、常に緊張し、
内心ビクビクしている。

決断力のなさがミスにつながることもしばしば。

司法浪人中の同棲相手はいるものの、
誰にも言えない悩みを抱え、ひとりで苦しんでいる。

目黒円:間宮祥太朗

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。
入社3年目。

坊っちゃん育ちで無邪気だが、
どこか上から目線。

「仲間」や「奇跡を起こせる」などポジティブな言葉を連発する。

父親のコネで入社したが、仕事を任せてもらえず、
足手まといの状態。

本人は父にも職場の仲間にも認められたがっているが…!?

品川一真:志尊淳

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。
入社1年目。

上野誠治の下についているが、
パワハラまがいの扱いを受け、
転職を熱望している。

大学時代に所属していた演劇サークルの仲間や、
夢を掴みかけている声優志望の恋人のリア充ぶりと、
自分の理不尽な現状を比較し、焦りを感じている。

田端友代:野波麻帆

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。
入社12年目。
独身。

人に指示されそうになると、
食い気味に「わかってます」「今やってます」と返す。

残業は一切しない。

仕事はできるが、いつもピリピリ・モード。

人の批判ばかりが思い浮かび、
なぜ自分はちゃんとしているのに報われないのか…
と思っている。

大崎結:板谷由夏

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。
課長。

出産後、現在の会社に転職した。

仕事ができて、責任感もあり、NOと言えない性格。
性格も能力も異なる職場の人間たちの扱いに、
日々頭を悩ませている。

家庭でも問題を抱えており、
誰も自分の苦労を理解してくれないことにストレスを感じている。

キズナ:若村麻由美

占い師。

さまざまな相談者と面会し、
問題解決に導いているようだが、
その素性は謎に包まれている。

代々木匠:及川光博

「シンシアイベンツ」制作Dチームの部長。

親会社から出向しており、
早く本体に戻りたいと思っている。

出世欲が強く、上司や取引先の人たちを待ち伏せしては、
贈答リストをもとにプレゼントを渡す。

上の人間には異常なほどのアテンド能力を発揮するが、
自分に利益のない部下のことは名前すら覚えない。

ドラマ「ハケン占い師アタル」の最終回のあらすじと視聴率・感想

最終回 2019年3月14日(木) 21:00〜

占いはやめて、
イベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームで
働き続けることを決意した的場中=アタル(杉咲花)が、
過労で倒れた!

母・キズナ(若村麻由美)によれば、
アタルは占いをすると、相手の不安や苦しみ、
健康状態を引き継いでしまうらしい。

そうとは知らず、
これまで何度も占ってもらっていたDチームの面々は
恐縮すると同時に、アタルの心身を心配。

チーム内に占い禁止令を掲げる。

ところがちょうどその頃、
Dチームのメンバーはそれぞれ人知れず、
新たな悩みに直面していた。

神田和実(志田未来)と目黒円(間宮祥太朗)、
上野誠治(小澤征悦)と田端友代(野波麻帆)の
ニューカップルは今後の付き合いについて、

部長・代々木匠(及川光博)と品川一真(志尊淳)は
各々の仕事について、
そして課長・大崎結(板谷由夏)は義母の介護問題について…。

しかし、占いをやめたアタルをはじめ、
誰にも相談することができず、
一斉に深いため息をつく7人。

その姿を目の当たりにしたアタルは、
言葉を掛けたくなる自分をぐっと抑えるのだが…。

そんな中、Dチームは“豪雨災害で
学校をなくした子どもたちのための卒業式”という、
アタルが発案したCSRイベントの準備を開始。

ところが、主催者である建設会社は
新しい復興支援の形に共感し、
企画を採用したはずなのに、
イベントの趣旨を度外視した身勝手な要望を押し付けはじめ…!

やがて、卒業式イベントの日がやって来た。

しかし初っ端から、
Dチームが顔面蒼白になるようなトラブルが続発することに…!

そんな中、アタルの心にも制御不能の大きなうねりが生まれる――。

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の最終回の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の8話のあらすじと視聴率・感想

第8話 2019年3月7日(木) 21:00〜

占い師・キズナ(若村麻由美)は、
自分のもとから突然逃げ出した
娘・的場中=アタル(杉咲花)の居場所をようやく突き止め、
連れ戻そうとする。

だが、娘の占い能力を
散々金儲けの手段にしてきた母親に嫌気がさしていたアタルは、
頑として拒否。

勤務先のイベント会社
「シンシアイベンツ」制作Dチームの仲間も、
占いで自分たちを救ってくれたアタルを守ろうと、
キズナの前に立ちはだかる。

それでも怯まぬキズナは、
アタルの存在意義は占い能力のみにあると主張し、
いま任されている雑用は
いずれAIに取って代わられる程度のものだと言い放つ。

その言葉に悔しさをにじませたアタルは、
「占い以外にも、
この会社であたしにしかできないことがあると証明する」
と宣言!

それができなければ、おとなしくキズナのもとへ戻り、
以前のように占いに従事するとまで言い出す。

アタルの宣言に驚きながらも
サポートを誓ったDチームの面々は、
彼女とともに大手ゼネコンが主催する
CSRイベントのコンペに取り組むことに。

しかし、経験値の低いアタルはなかなか妙案を出せず、
焦る心を抑えられない。

そんな中、アタルは仲間たちが考え抜いた提案内容に、
代案もないまま異議を唱えてしまい、
人間関係にもギスギスした空気が漂いはじめ…。

生まれて初めて、
働く人間の“壁”にぶつかり、
悩み苦しむアタル。

そんなアタルを突如、Dチームの面々が占うと言い出し…!?

やがて“ひとつの結論”にたどり着いたアタルは、
キズナと真っ向から対峙することを決意する――。

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の8話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の7話のあらすじと視聴率・感想

第7話 2019年2月28日(木) 21:00〜

先日、心神耗弱状態にあった
イベント会社「シンシアイベンツ」の
制作Dチーム課長・大崎結(板谷由夏)を占った
キズナ(若村麻由美)は、
派遣社員・的場中=アタル(杉咲花)の母親だった!

しかも大崎から、
アタルと一緒に働いていると聞いたキズナは、
会社を突撃。

ワケありの母子関係だと悟った大崎は、
アタルが急に会社を辞めたと嘘をつき、
キズナをひとまず追い返すのだが…。

一方、出向先の「シンシアイベンツ」から
親会社へ戻る日と華々しい出世を夢見て、
上司をアテンドしまくる部長・代々木匠(及川光博)は、
自分の手柄となるはずだったリストラ計画を大崎に潰されて逆恨み。

Dチームに過去最大の難題を押し付ける。

その難題とは、人気ピアニストである
タカオのミニコンサート。

なんでも、気難しいタカオが
別チームの提案内容を却下した挙げ句、
急にコンサートの開催自体を拒否し始めたというのだ!

世界観も会場もすべて白紙状態であるばかりか、
開催予定日はわずか1週間後…。

さすがのDチームも、
お手上げと言わざるを得ない案件だった。

それでも何とかしようと奮起するDチーム。
その矢先、想定外の事態が発生する。

代々木が親会社へ戻る道を突如絶たれ、
Dチームの専任部長に任命されてしまったのだ!

事実上の左遷という憂き目に遭い、放心する代々木。
彼は日に日に、周囲に対する憎悪を膨らませていくのだが…!?

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の7話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の6話のあらすじと視聴率・感想

第6話 2019年2月21日(木) 21:00〜
再放送 2/28(木)14:57~15:53

謎の占い師・キズナ(若村麻由美)の前に、
ひとりの女性が現れた。

彼女こそはイベント会社「シンシアイベンツ」
制作Dチームの課長・大崎結(板谷由夏)。

その姿はかつてないほど疲れ果て、
まさに抜け殻のようだった…。

さかのぼること2日前――。

大崎はいつものように中学生の息子から無視され、
夫にもろくに話を聞いてもらえない、
ため息交じりの朝を迎えていた。

そんな大崎に、
部長・代々木匠(及川光博)から
非情な指令が下る。

本社から遥か遠く離れた倉庫への出向という名目で、
Dチームからリストラ候補者を1名選べというのだ!

しかし、Dチームの面々は今や見違えるほど働く意欲に燃え、
団結力を増している。

誰ひとりとして切り捨てたくはないが、
NOと言えない性格もあいまって、
代々木の命令を突っぱねることができない大崎。

彼女は実情を伏せたまま、
部下たちと個別面談を始めることに。

ところがその直後、
図らずもリストラの話を耳にしてしまった部下たちが、
大崎に詰め寄り…!

果てしない葛藤と重圧にむしばまれていく大崎。

見かねた派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)は、
大崎を飲みに誘い、ある言葉を投げかける。

だが、この一件は巡り巡って、
アタルの心にも不穏な影を落とす事態を招いてしまい…!?

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の6話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の5話のあらすじと視聴率・感想

第5話 2019年2月14日(木) 21:00〜

入社12年目の正社員・田端友代(野波麻帆)は
淡々と的確な仕事をする一方で、
残業や余計な仕事は徹底して断る主義を貫いている。

というのも彼女は長らく、
職にも就かずブラブラしている父と弟と3人暮らし。

家計も家事も一手に担わされ、
ここ何年も恋愛する暇もないほど、
余裕のない毎日を送っているのだ。

そのため、勤務先のイベント会社「シンシアイベンツ」でも
常にピリピリモード…。

人を寄せ付けない空気のおかげで、
同じ制作Dチームの仲間との関係も微妙な状態が続いていた――。

そんな田端に突如“余計な仕事”が舞い込む。

社長の肝いりである“女性躍進プロジェクト”のモデルケースとして、
社内報の密着取材を受けるハメになったのだ。

折しもDチームでは、
バレンタインイベントの準備が進行中。

田端は本来関与していないイベントなのに、
取材のためだけに打ち合わせに出席させられ…。

しかも、この取材がキッカケで
すっかり気を良くした部長・代々木匠(及川光博)は、
田端に社内の大学OB会にまで出るよう命じる。

社長を中心としたこのOB会には、
派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)も
お手伝いとして参加することに…。

ところが、そこでとんでもない事態が発生!

代々木の度重なるセクハラ発言が導火線となって、
田端はマグマのように煮え立った感情を抑えられなくなり…!?

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の5話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の4話のあらすじと視聴率・感想

第4話 2019年2月7日(木) 21:00〜

イベント会社「シンシアイベンツ」の
制作Dチーム主査・上野誠治(小澤征悦)は、
10年前に“伝説のイベント”を手がけて才能が認められ、
一気に管理職に上り詰めるも、
俺様的性格のせいであっという間に降格。

40代半ばになった今、
出世の見込みはほとんどない。

どうにもうまく行かないのはプライベートも同様だ。

妻とは5年前に離婚。一緒に暮らしている中学生の娘とも、
うまくコミュニケーションが取れない日々が続いている。

そんなとき、上野を指名した仕事がDチームに舞い込む。

依頼主は上野と一緒にあの“伝説のイベント”を手がけた人物。

新しい携帯サービス会社を立ち上げるにあたり、
お披露目イベントの演出を上野に任せたいというのだ。

気合が入った自信家の上野は、
10年前と同じスタッフを招集し、
満足してもらえる企画を提案すると宣言。

張り切るあまりに周りが見えなくなり、
派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)ら
Dチームのメンバーをこき使ったり、悪態をついたり…と、
傍若無人ぶりを加速させる。

やがて、Dチームでは上野に対する不満が蓄積。

さらに、自らの鼻をへし折られるような事態に直面した上野は、
“絶対に言ってはいけないこと”を口にしてしまい…!?

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の4話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の3話のあらすじと視聴率・感想

第3話 2019年1月31日(木) 21:00〜

入社1年目の品川一真(志尊淳)は、
声優になるという夢を掴みかけている彼女、
そして大学の演劇サークルで一緒だった
仲間たちのリア充ぶりにため息をつく毎日。

勤務先のイベント会社「シンシアイベンツ」でも連日、
直属の上司・上野誠治(小澤征悦)からパワハラを受け、
我慢も限界に近づいていた――。

ちょうどその頃、
「シンシアイベンツ」に大手化粧品会社が主催する
一大イベントの仕事が舞い込む。

品川が所属する制作Dチームの面々は大仕事に沸き立つが、
部長・代々木匠(及川光博)から
「Dチームの担当は新商品のサンプリング」
と告げられるや落胆。

急速に興味を失った上野は「絶対やらない」と投げ出し、
品川に実施内容提案書の作成を押し付ける。

突然のムチャブリに狼狽しながらも、
しぶしぶ提案書作りに取り掛かろうとする品川。

そんな彼の姿を目の当たりにした派遣社員の
的場中=アタル(杉咲花)は、
手を貸そうとするのだが…!?

やさぐれながら提案書を作り上げる品川。

だが、提案書の内容はおろか、
自分自身の人格や仕事ぶりについても
上野から猛烈なダメ出しを食らった品川は、
会社を辞めると宣言し…!

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の3話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の2話のあらすじと視聴率・感想

第2話 2019年1月24日(木) 21:00〜

父親のコネでイベント会社「シンシアイベンツ」に入社し、
制作Dチームに所属して3年――。

お坊ちゃま社員・目黒円(間宮祥太朗)は
本人のヤル気とは裏腹に失敗続き。

大した仕事も任されなければ、
婚活アプリでもフラれっぱなしの日々を送っていた。

そんなある日、Dチームの部長・代々木匠(及川光博)が
特撮ヒーロー番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の
新グッズを発表するイベントのコンペに参加するよう指示してくる。

多忙な同僚たちが企画書作成を次々と断る中、
昔から『ミラクルヒーロー』の大ファンでもあった目黒は、
ここぞとばかりに立候補。

周囲に不安視されても意に介さず、
企画書もひとりで作ると言って張り切りだす。

そんな目黒の空回りぶりを、
課長・大崎結(板谷由夏)は心配。

派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)に、
必要に応じて目黒を手伝うようお願いするのだが…。

やがて目黒は、消息不明の
初代ミラクルレッド・八王子(湯江タケユキ)を
イベントに引っ張り出そうと発案。

Dチームのフォローのもと、
奇跡を起こせると信じてますます勢いづく目黒だが、
やがてどん底に突き落とされるような出来事が起き…!

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の2話の感想

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の1話のあらすじと視聴率・感想

第1話 2019年1月17日(木) 21:00

イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームに、
派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)が
新しい仲間として入ってきた。

社会人経験のないアタルは、教育係となった
正社員・神田和実(志田未来)の下で、
雑用から覚え始めることに…。

その矢先、部長・代々木匠(及川光博)が厄介な指示を出してくる。

Dチームが請け負っている新商品イベントに、
クライアントの社長が50人の赤ちゃんを呼んで、
笑顔の集合写真を撮影したがっているというのだ。

しかし、イベント開催日はわずか1週間後。

赤ちゃんの確保はもちろん、
会場スペースや予算的にも無理難題なのは明白だが、
課長の大崎結(板谷由夏)は断りきれず、引き受けてしまう。

そんな中、初めて運営を任された神田は
自分の意見も言えないばかりか、
会議室ひとつまともに押さえられず、
不甲斐なさを感じる。

しかも、神田はもうひとつ、
だれにも言えない大きな悩みを抱えていた。

そんな神田に対し、アタルはたびたび不可思議な言動を取り…!?

◆ドラマ「ハケン占い師アタル」の1話の視聴率と感想

視聴率 12・1%

⇒ビデオパスの登録はこちら!

ドラマ「ハケン占い師アタル」の動画を1話〜最終回まで無料見逃し配信で見る方法! まとめ

ドラマ「ハケン占い師アタル」について、
キャストやあらすじやスタッフ、
見逃し配信動画
について紹介しました。

杉咲花主演のドラマ
「ハケン占い師アタル」
ぜひご覧ください!

⇒ビデオパスの登録はこちら!

※この記事の情報は1月13日現在のものです。
最新の情報はビデオパスにて確認してください。

LINEで送る
Pocket