LINEで送る
Pocket

1月28日放送の「月曜から夜ふかし」で、
視聴者からの調査依頼に
”池袋で馬の被り物をしてドラムを叩く人”
の調査依頼がありました。

池袋だけではなく、
新宿や渋谷でも馬の被り物をしてドラムを叩く
路上ライブをしているようです。

そんな
”池袋で馬の被り物をしてドラムを叩く人”
の正体
を調べてみました!

スポンサーリンク

池袋で馬の被り物をしてドラムを叩く人の正体は?

都会の喧騒の中でも、
その異様な姿はかなり目立ちます。

この”馬の被り物をしてドラムを叩く人”
の正体は、パフォーマーの
「魔ゼルな規犬(まぜるなきけん)」さん。

本名:井上大輔
生年月日:1974年6月7日

2000年ごろから活動をし始めた
シマウマがマスコットキャラクターの
馬のドラム・ラッパーと、
超能力少女と、青砥撫子(あおとなでしこ)

の3名にによるV系バンド。

公式ホームページ
⇒http://sitenn.finito-web.com/

公演によってはメンバーが変わるようですが、
浅草雷門や花やしき、渋谷センター街で
ゲリラ公演をしたこともあるようですね。

その前衛的なパフォーマンスは、
決して一般受けするものではないです。

が、人を引きつける魅力はありますね。

スポンサーリンク

月曜から夜ふかし!池袋で馬の被り物をしてドラムを叩く人の正体は? まとめ

魔ゼルな規犬の目撃情報は、
Twitterでもつぶやかれています。

神出鬼没ですが、
見かけた時には応援してあげましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket