LINEで送る
Pocket

トランプ大統領
5月25日〜28日の間来日します。

安倍首相とゴルフや大相撲の観戦、
新天皇との会見や日米首脳会談、
拉致被害者家族との面会など
今回もタイトなスケジュールになっていますね。

トランプ大統領来日で見たいのが、
大統領専用車キャデラックワン「ビースト」

移動中の大統領を守る
黒くゴツい車の値段や性能などを、
調べてみました!

トランプ大統領の来日スケジュールはこちら。
⇒トランプ大統領来日!2019年のスケジュールと訪問場所をまとめて紹介!

スポンサーリンク

大統領専用車キャデラックワン「ビースト」の値段や性能は?

今回トランプ大統領が来日するのに、
大統領専用車、通称「ビースト」も一緒に
エアフォースワンに乗せて日本へ運ばれます。

トランプ大統領は、
ビーストを12台保有しているので、
全台日本へ来るでしょう。

このビーストですが、
ベースとなっている車種
キャデラックワンCT6

キャデラックワンCT6の
1台のお値段
約1億6000万円!

それを17億円もかけて
セキュリテを大幅に向上させた
新型ビーストとなっています。

その性能は専門家をして
「世界最強の車」
と言わしめるほど。

そのビーストの性能を紹介します。

◆ビーストの装甲性能

ビーストのドアの厚さ約20cm
当然防弾ガラス

車体の装甲は、
特殊鉄鋼やセラミックを使った軍用使用

タイヤはパンクしても、
時速80kmで約50kmも走れる特殊タイヤ

銃やライフルはもちろん、
ロケット弾を撃たれても
壊れない頑丈な装甲性能になっています。

◆ビーストの内装性能

重火器に対しての装甲は完璧ですが、
化学兵器に対しての対策
抜かりはありません。

外気を完全遮断できる加圧と、
空気供給システムで、
毒ガスを車内まで侵入を許しません。

最新衛星システムを搭載していて、
ネット通信はもちろん
ペンタゴンとの直接通話も可能。

核発射ボタンまで搭載されていて、
走行中でもあらゆる有事に
対応
できるようになっています。

また、万が一に備え、
酸素供給・トランプ大統領と
同じ血液型が収納
されていて、
医療設備も最新鋭。

助手席には
攻撃するための武器も積んであり、
スキのない装備が備わっています。

これだけの性能なら、
世界最強の車と言われるのも納得ですね!

スポンサーリンク

トランプ大統領来日時のビースト目撃ポイントは?

今回のトランプ大統領の来日スケジュールで、
大統領専用車ビーストが目撃できるチャンス
多くないと思われます。

安倍首相とのゴルフ場へは
ヘリで行くため、

空港からホテル、
両国国技館での相撲観戦、
ホテルから皇居や迎賓館、
横須賀基地への移動

ビーストが使われるでしょう。

来日中は大規模な交通規制が敷かれ、
警備体制も厳重なため、
ビーストの車列を見るの
はかなり難しいでしょう。

来日中の交通規制情報はこちら。
⇒トランプ大統領来日!2019年の交通規制の区間や時間まとめ!

それでもビーストを見たい!

という場合は、
ホテルから皇居・迎賓館への移動、
両国国技館への移動

ビーストを見るチャンスになるでしょう。

それでも交通規制や厳重な警備体制なので、
目撃できるかはわかりません。

現場警官の指示に従い、
無理な時は素直に諦めましょう。

トランプ大統領来日!専用車キャデラックワン「ビースト」の値段や性能は? まとめ

トランプ大統領来日で、
移動に使われる大統領専用車「ビースト」について、
値段や性能を紹介しました。

威厳のあるビースト
12台並んで走行する姿は、
まさに映画のワンシーンのようですよね。

もし見れる機会があれば、
ぜひ写真に収めて
記念にしてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket