LINEで送る
Pocket

今年の
UEFA欧州チャンピオンズリーグ決勝で、
またも乱入者が現れました。

CL決勝2019に乱入した人についてはこちら。
⇒UEFAチャンピオンズリーグCL決勝2019!乱入した金髪美女は誰?

サッカーの試合で
興奮したサポーターが
ピッチに乱入するのは、
珍しくない光景です。

ですが、大事な試合が
一時中断されるので、
選手にとっても観客にとっても
迷惑でしかありません。

そこで、サッカーの試合で
乱入した人には
罰金や処分がどうなるのか?

を調査しました。

スポンサーリンク

サッカーの試合に乱入した人の罰金や処分はどうなる?

サッカーの試合で
サポーターが乱入して
試合が中断してしまうことは、
残念ながらよくあります。

そんな人達に
罰金やどんな処分がくだされたのか、
過去の事例を見てみましょう。

EURO2016 準々決勝 ポーランドvsポルトガル

延長後半、
クリスティアーノ・ロナウドに
抱きつこうとピッチに男が乱入。

罰金:500ユーロ(約5万6000円)
1ヶ月のフランス入国禁止処分

サッカーW杯2018決勝 フランスvsクロアチア

ロシアのフェミニスト・パンク・ロック集団
「プッシー・ライオット」が乱入。

罰金:1万ルーブル(約16,000円)
禁錮15日間、3年間のスポーツ大会の入場禁止処分

ヨーロッパリーグ(EL)2014 グループリーグ第5戦 トッテナムvsパルチザン

ピッチに3人のYouTuberが乱入。

罰金:155ポンド(約3万円)
3年間のスタジアム入場禁止処分

UEFAチャンピオンズリーグ2018 1回戦 ベシクタシュvsバイエルン・ミュンヘン

“猫”が乱入し試合が一時中断。

罰金:2万5000ユーロ(約320万円)
猫の乱入を許したベシクタシュの
警備体制に問題があったとし罰金処分。

主なサッカーの乱入での
罰金や処分は以上です。

サッカーの試合で乱入があると、
乱入した人に罰金や処分がありますが、
警備しているチームにも
罰金が課せられることがあります。

それでも猫が乱入したことで、
チームに罰金が課せられるのは
どうなんでしょう…

猫の侵入を許してしまう
警備体制だったことは間違いないですが。

スポンサーリンク

サッカーCL決勝で乱入!罰金や処分はどうなる?

サッカーの試合で乱入した場合、
どんな罰金や処分が課せられるのかを
まとめて紹介しました。

今回紹介した処分は1例なので、
世界規模で見れば
もっと沢山あるでしょう。

試合を楽しみに
チケットを購入した人にとっては、
ピッチへの乱入はサッカーへの冒涜以外の
なにものでもありません。

マナーを守って
楽しく観戦しましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket