LINEで送る
Pocket

国家戦略特区を最初に審査する
ワーキンググループ(WG)の、
原英史(はら えいじ)座長代理と協力関係にある
コンサルタント会社「特区ビズ社」へ、
福岡市の学校法人が、
約200万円のコンサルタント料を
支払っていたことが分かりました。

事件の概要や原英史氏の経歴は?

スポンサーリンク

国家戦略特区200万円の指導料受領疑惑の概要

毎日新聞によると、

規制改革案を最初に審査する
ワーキンググループ(WG)の原英史座長代理と
協力関係にあるコンサルタント会社が、
2015年、提案を検討していた
福岡市の学校法人から
約200万円のコンサルタント料を受け取っていた。

原氏は規制緩和の
提案を審査・選定する民間委員だが、
コンサル会社の依頼で、
提案する側の法人を直接指導したり
会食したりしていた。

引用:https://mainichi.jp/

ということです。

コンサル料を受け取った特区ビズ社は、

「特区ビジネスコンサルティング」
(特区ビズ、18年6月に特区業務から撤退し、
「イマイザ」に商号変更)。

15年1月に設立され、少なくとも同年3~12月、
原氏が代表を務める政治団体
「土日夜間議会改革」と同じ
マンションの一室(東京都千代田区)に事務所を設置。

一部のスタッフは団体と
特区ビズの業務を掛け持ちし、
電話番号も同じだった。

特区ビズの社長は、
政治団体の事務も担当していた。

同社は15~16年、
数十件の特区提案にコンサルタント業務などで関与。

このうち少なくとも
福岡市中央区の美容系学校法人が、
日本の美容師資格を持ちながら
国内で就労できない外国人を
特区内で働けるようにする規制改革を希望し、
同社にコンサル料を支払った。

引用:https://mainichi.jp/

ということです。

つまり、原英史氏と同じ事務所を
間借りして別会社を装い、
コンサルタント料を受け取っていたようですね。

コンサルタント料を支払うことで、
審査に融通を効かせる目的もあったのでしょう。

本来、公平かつ中立な立場で
審査をしなければいけないのに、
これでは賄賂を受け取った形になり
審査をする意味が無いことになります。

スポンサーリンク

原英史の経歴は?

原英史氏は
日本の政策コンサルタントで、
元通産・経産官僚。

株式会社政策工房代表取締役社長。
大阪府市統合本部特別顧問。

コンサルタント会社の依頼で、
提案社側と会食したり直接指導したという
今回の疑惑について原英史氏は、

「会食については記憶にない。
コンサルタント会社との協力関係は、
事実無根」

とコメントしています。

これが本当なら、
今まで関わってきた
国家戦略特区についても、
改めないといけないでしょう。

ネットの反応

いつまでたっても、
お金に汚い政治家はいなくなりませんね…

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket