LINEで送る
Pocket

遠藤憲一と田中美佐子が出演するドラマ、
「それぞれの断崖」

そんな「それぞれの断崖」の
見逃し配信についてまとめました。

「それぞれの断崖」のキャストやあらすじはこちら。
⇒ドラマ「それぞれの断崖」のキャストやあらすじ!馬場ふみか主演!放送日や見逃し配信は?

ドラマ「それぞれの断崖」の見逃し配信は
FODで配信されますよ!

⇒FODの登録はこちら!
⇒FODプレミアムの無料登録と解約方法!画像つきで詳しく解説!

スポンサーリンク

目次

ドラマ「それぞれの断崖」の配信動画を無料で見る方法は?

ドラマそれぞれの断崖動画無料1話最終回見逃し配信あらすじ感想

ドラマ「それぞれの断崖」の放送日は、

8月3日(土) 23:40~ 毎週土曜放送

ドラマ「それぞれの断崖」
FODで配信されます。

◆ドラマ「それぞれの断崖」はFODで配信!

FODなら、

  • 画質がいい!
  • CMがない!
  • スマホやタブレットでいつでもどこでも見れる!

などのメリットがありますよ♪

▼FOD

⇒FODの登録はこちら!
⇒FODプレミアムの無料登録と解約方法!画像つきで詳しく解説!

FODとは、
フジテレビ・オン・デマンドの略で、
フジテレビのドラマやバラエティなどを
主に配信している動画配信サイト。

FODは、

  • 月額959円(税込)
  • 初回登録1ヶ月間無料(Amazonアカウントのみ)
  • 雑誌100誌読み放題
  • 電子書籍20%ポイント還元
  • 毎月無料ポイント1300ptもらえる

といったメリットがあります。

無料期間中に解約すれば
料金は発生しないので、
フジテレビの番組が好きなら
登録しないとソンですよ。

その他のサービス内容については
こちらの記事で詳しく書いています。

⇒FODプレミアムのメリット・デメリット!サービス内容を徹底解説!

ドラマ「それぞれの断崖」8話・最終回のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」8話・最終回のあらすじ

第8話・最終回 9月21日(土) 23:40〜
少年院を退院後、母・はつみ(田中美里)と暮らし始めた満(清水大登)。

志方(遠藤憲一)は、時々顔を出しては
社会復帰のための手助けをしていたが、
満は一向に心を開く様子がない。

さらに、買い物に出れば、
「やっぱコイツだよ」
「マジ?同級生殺しちゃったの?」
とネットに流出した写真を見た少年たちに絡まれるなど、
心落ち着かない満。

わかっていたことだが、やはり世間の目は厳しい――
現実を思い知らされる。

しかし、志方にいったい何ができるのか。
被害者の父が加害者の父になることなどできるのだろうか…。

そんな満を三崎海岸の砂浜に連れ出した志方とはつみ。

2人を前に志方が口を開く。

「…恭介とここに来たことがあるんだ」

生きていくのは辛いね、と父に本音を吐露したその翌日、
恭介(渡邉蒼)は満に殺された――。

もっと生きているうちに息子と本音で話をしたかった…。

後悔を口にする志方、罪悪感に何も言えない満。

気づまりな空気を変えようと、
はつみは「せっかくだから、みんなで写真撮ろう」と提案。

笑顔のはつみ、仏頂面の志方と満。
初めての3人の写真だ。

はつみのアパートを刑事の角田(清水伸)が訪ねる。

14年前に別れたはつみの元夫、
満の実の父親が事故死したと言う。

最近では、刑務所を出たり入ったりの
札付きの男だったので一応調べている、と。

話を聞いた満は動揺する。

会ったこともない父だったが、
いつかは会えると信じていたのだ。

でも…「父さんが死んだのは悲しいけど、母さんがいればいい。
おじさんと暮らすのは嫌だ」満の目に狂気が宿る。

志方と別れるか、あるいは自分と死ぬか…
包丁をつかみ、はつみに突きつける。

「覚悟があるのなら…刺しなさい」
はつみがひるまずにじり寄ると、満は外へ飛び出す。

後を追ったはつみは、満に手を振り払われたはずみで階段から転落、
頭部を強打し意識不明に陥ってしまう。

その頃、志方は、雪子(田中美佐子)と
2人の娘と家族4人で久しぶりに集まっていた。

「来月には式を挙げるから」と
志方に結婚式への出席を頼む長女・真弓(仁村紗和)、
恭介の事件以来いろいろ考えることがあり
「法学部を受けようと思う」と話す次女・真紀(永瀬莉子)を、
「いいんじゃないか」と嬉しそうに見つめる志方――。

少年犯罪が生んだ、
残酷で数奇な運命に翻弄される人々。

待ち受ける未来は、希望か絶望か…。
慟哭の最終回!!
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」8話・最終回の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」7話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」7話のあらすじ

第7話 9月14日(土) 23:40〜
覚悟を決めて二人で満を受け入れよう――

決意を固めた志方(遠藤憲一)とはつみ(田中美里)に、
弁護士の若菜(内田滋)が怒りの表情で告げた。

「あなた方は一体何を考えているんですか⁉」

殺人事件の被害者の父と加害者の母が不倫の末、
犯人の少年を迎え入れるという
前代未聞の事態が週刊誌にすっぱ抜かれ、
世間の大きな注目を集めていた。

満の更生と社会復帰を第一に考えるなら
絶対に別れるべきだ、と強く主張する若菜だったが、
二人の気持ちは変わらない。

困難な道のりでも、
覚悟を決めて進みたいと強く思う二人だった。

そのためには、満に二人の関係を話さなければならない。

少年院で満(清水大登)に意を決して打ち明けるはつみ。

「…母さん、好きな人がいる」
「どんな人?」
「…志方恭一郎さん。恭介君のお父さん」

――満の笑みが消えた。

満の退院の当日。

志方は、はつみのアパートを訪ねる。

志方が部屋へあがると、満がそこにいた。
視線がぶつかる。
思わず満を食い入るように見つめる志方。

満が突然口を開く。

「僕のことが憎いんでしょ?」
「ああ、憎い」
「恭介君を殺した僕を、許してくれるんですか?」

いざ犯人の少年を目の前に、
どれだけ覚悟をしても憎しみの感情が溢れそうになる。

「いつか、許せる日がくればいいと思う」
声を絞り出す志方。

志方は、満とはつみと共に、
雪子(田中美佐子)のもとへ謝罪に訪れる。

満を憎しみの目でにらみつける真弓(仁村紗和)と真紀(永瀬莉子)。

「恭介(渡邉蒼)はこの部屋でずっと生きていたの。
よく見ておきなさい」

雪子は、遺影に向かって謝罪の言葉を口にする満に、
絶対に自分の犯した罪を忘れないで、
と告げ、そして問いかけた。

「なぜ恭介を殺したの…」
「…恭介君を失いたくなかった。
失うくらいなら、いなくなった方がいい」

満の最後の一言は、志方に向けられたものだった…。
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」7話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」6話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」6話のあらすじ

第6話 9月7日(土) 23:40〜
はつみ(田中美里)が志方家に謝罪に訪れた。

志方(遠藤憲一)の目の前で、
雪子(田中美佐子)に土下座するはつみ。

額を床にすりつけるようにして謝罪するはつみだったが、
「一生罪を背負って苦しんで下さい」と突き放す雪子。

更生や謝罪など、そんなもの私たちには一切届かないのだと。

はつみが帰った後、雪子は志方に問いかける。

「あなたはもう、許したの?」
何も答えられない志方に、
娘を連れて実家に帰ることを告げ、雪子は出て行った。

広い家に1人取り残される志方――
もう何もかも、取り返しがつかないのだ。

少年院を訪れたはつみは、
満(清水大登)に志方家に謝罪に行ったことを告げる。

小さな声で「…ごめんなさい」と繰り返す満。

いずれ退院した後、
自分も志方家に謝りに行きたいと話す満の手を、
はつみは強く握りしめる。

改めて息子と共に罪を償って歩む覚悟を決めたはつみは、
志方との関係を終わらせる決意を固めていた。

志方は、会社の新プロジェクトの担当に抜擢され、
新潟に赴任することになる。

はつみに連絡を取ろうとするが、電話が繋がらない。

アパートにはしばらく戻ってきておらず、
クラブも1週間前に辞めたと聞かされた志方は呆然とする。

弁護士の若菜(内田滋)を訪ねるが、
そもそも被害者家族が加害者家族に連絡を取ることなど
あってはならないことだと、にべもなく追い返された志方に、
もはやはつみを探す手段は残されていなかった。

志方は、はつみへの思いを断ち切り、新潟へ向かった。

9ヶ月が経ち、迎えた恭介の一周忌。

未だはつみの行方は知れなかったが、
久しぶりに顔を合わせた雪子に、けじめをつけたい、
と離婚届を手渡す志方。

雪子は、自分なりにやり直す方法は何度も考えたものの、
志方が八巻はつみと関係を持ったことは
どうしても乗り越えられなかった、と語り届を受け取る。

「私たち、頑張ったよね」

恭介の月命日に誰かが花を手向けている――

一周忌で聞いた話に一縷の望みをかけ、
志方が墓地で待ち伏せる。

朝もやの中に現れたのは、はつみだった。

こんな形で終わらせることはできない、
もう一度一緒に生きていかないか、と訴える志方だが、
はつみの言葉に絶句する。

「満が、出てきます。
あなたは、自分の息子を殺した人間と一緒に暮らせるんですか?」
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」6話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」5話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」5話のあらすじ

第5話 8月31日(土) 23:40〜
恭介(渡邉蒼)の潔白が証明されたことで、
長女・真弓(仁村紗和)の結婚話が復活した。

だが、祝い事をする
気持ちにはなれない志方(遠藤憲一)は素直に喜べない。

しかし、久しぶりに家族が集まり
娘たちに笑顔が戻った志方家。

真紀(永瀬莉子)を連れて家を出ていた雪子(田中美佐子)も
これを機に戻ってくるという。

「あなた、勝手に出て行ってごめんなさい」

家族に心配かけまいとしていた
あなたの優しさを誤解してしまった、と謝る雪子。

はつみ(田中美里)を抱いたその手で妻に触れることすらできず、
ただ曖昧に頷くことしかできない志方だった。

一方はつみは、弁護士の若菜(内田滋)から呼び出され、
少年院で満が自傷騒ぎを起こしたことを告げられる。

「最近、満君の事おろそかになっていませんか?」
男に気を取られている母親の姿に満(清水大登)が
動揺しているのではないか…

若菜の言葉にショックを受けるはつみ。

クラブのママ(魏涼子)からも
「息子を更生させる気がないなら店を辞めてもらうしかない」
と告げられ、返す言葉がない。

そんな折、はつみは風邪で熱を出してしまう。

はつみのアパートで甲斐甲斐しく看病する志方。

しかし、はつみの部屋に入っていくところを
次女の真紀に目撃されてしまう。

翌朝、はつみの洗濯物を干そうと窓を開けると、
そこにはアパートを見上げている雪子の姿があった。

立ちすくむ志方の隣に寄り添うはつみの姿を目撃し、
踵を返す雪子。

後を追う志方だったが、
走り去る雪子の背中に強い拒絶を感じ足が止まってしまう。

「今の、奥さんでしょ?早く帰った方がいいわ」
と言うはつみを残し悄然と自宅に戻る志方。

そこには、リビングにポツンと座る雪子がいた――。

「あの女誰なの…?」
「あの人は…」

彼女が八巻はつみであること、
今も自分が志方だと知らないままだということ、
そして…彼女を好きになってしまったこと。

すべてを語る志方の言葉に打ちのめされる雪子。

「出て行って…出て行ってください」
すべてが崩壊した瞬間だった。

そしてまた――
はつみは志方の正体を知ることになる。

丹野と名前を偽っていた志方を断崖に呼び出し、問い正した。

「あなたは、一体誰なの?」
「俺は志方恭一郎…君の息子が殺した志方恭介の父親だ」
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」5話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」4話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」4話のあらすじ

第4話 8月24日(土) 23:40〜
「…八巻満の母親に会ってきた」

志方(遠藤憲一)の言葉に、雪子(田中美佐子)は驚いた。

はつみ(田中美里)が勤める店を訪ねたこと、
結局素性を告げずに帰ったことを話す志方に、
雪子は「もうあの人たちに関わってほしくない」と告げる。

何をしたって恭介は戻ってこない。

このまま憎しみに縛られていては、
いつまでたっても家族は前に進めない。

娘たちのためにも、もう加害者家族には関わらないで――
妻の言葉に押し黙るしかない志方であった。

一方のはつみは、気持ちを奮い立たせて
満(清水大登)と懸命に向き合おうとしていた。

しかし、満は「もう来ないで下さい」と
まるで他人を見るような目で冷たく告げるのみ。

はつみは、崩れ落ちそうになる胸の内を、
笑顔で取り繕うことしかできなかった。

ようやく職場に復帰した志方だったが、
待っていたのはまるで懲罰人事のような理不尽な異動で、
資料整理をする閑職に追いやられてしまう。

世間やマスコミからは叩かれ、
裁判の傍聴すら許されず、会社でも邪魔者扱い…
虚しさがつのる。

せめて、加害者の母親からの謝罪が無ければ
家族の再スタートなどあり得ない。

はつみの店に足を向ける志方。

今日こそはすべてぶちまけてやる…

しかし、志方との再会を喜ぶはつみの笑顔に決意が揺らぐ。

店が終わった後、はつみを居酒屋に誘い出した志方だったが、
迷いは晴れない。

帰り道、はつみの目に突然溢れる涙…。

加害者の母親が抱える苦悩を目の当たりにする志方。

生きる苦しみは同じなのかもしれない――
はっと我に返り、すがりつくはつみを振り切って立ち去る。

ある日、志方は
葵電機の丹野(梨本謙次郎)からの挨拶状を受け取る。

かつて志方とまとめた契約が不成立になってしまった影響は大きく、
下田に転勤させられたというのだ。

責任を感じる志方は、丹野を訪ねてみようと思い立つ。

丹野は、明るく志方を迎えてくれた。

大いに飲んで語り明かした翌日、
丹野の誘いで二人は断崖を訪れる。

「この断崖の前では、
人間なんてちっぽけなものだと思い知らされます」

丹野の顔にふと差す陰りに、言葉をなくす志方だった。

志方の元に、
丹野が断崖から身を投げたという知らせが届いたのは、
数日後のことだった――。
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」4話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」3話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」3話のあらすじ

第3話 8月17日(土) 23:40〜
傷害事件で意識不明の状態だった高城秀子(黛英里佳)が意識を回復し、
志方(遠藤憲一)の元を訪れる。

「恭介君はそんなこと絶対にしません。
私たちはお付き合いしていたんです」
たった14年でその人生を閉ざされてしまった
息子・恭介(渡邉蒼)が、親の知らぬ間に
しっかりと大人への成長を見せていたことに
心を熱くする志方と雪子(田中美佐子)。

「あなたに恋して、夢を追っていた恭介がいたんですね…」

一方、殺人を犯した息子・満(清水大登)に
家庭裁判所での審判が迫っていることを知った
母・はつみ(田中美里)は不安に駆られていた。

「審判には、被害者家族の方もいらっしゃるんでしょうか」

「なぜ、私たちが傍聴できないんですか!?」

事件を巡る志方の過激な言動が問題視されたため、
今回の審判に被害者家族の傍聴は認められなかった。

自分のせいで息子の事件の真相も、
殺人犯・八巻満に下される裁きも、
まったく情報をもらえないという状況に、
志方のやり場のない鬱屈はたまる一方だ。

なんとしても審判を傍聴したい。

志方は満の担当弁護士・若菜(内田滋)の事務所へ押しかけるが、
そこで加害者の母・はつみに遭遇。

初めて目にするその姿に、憎しみに燃える志方。

人ごみに紛れ土砂降りの中を家路へ急ぐはつみの後を尾ける。

住居と勤め先のクラブ『マリー』を突き止めた志方は決意する。
直接会って謝罪させる。

家庭裁判所の審判が始まった。

満は、はつみの呼びかけに一切反応せず、いきなり話し始める。

「僕、警察に嘘をつきました」騒然とする審判廷。
呆然とするはつみ。

少年鑑別所に戻った満の面会に赴いたはつみだったが、
息子は母親の姿を見るなり激高し椅子を叩きつける。

「何で来たんだよお!出ていけっ、クソババア、二度と来るなっ」

どんなことがあろうと息子を信じてやりたい。

悲壮な覚悟を決めていたはつみだったが、
震える声で付添いの若菜に訴えた。

「もうあの子は私の手に負えないのかもしれません」

悲しみを押し殺し『マリー』で笑顔を振りまく
はつみを指名する一人の客がいた。

笑顔で近づくはつみを睨みつけていたのは、志方だった。

この場で罪の重さを突きつけ断罪し、
絶対に謝罪させてやる――。
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」3話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」2話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」2話のあらすじ

第2話 8月10日(土) 23:40〜
息子・恭介(渡邉蒼)を殺したのが
同級生の八巻満(清水大登)であること、
少年法上まだ13歳の満は犯罪者にはならないということを知り、
激怒する志方(遠藤憲一)。

さらに、不登校や家庭内暴力などの問題があった恭介の側に
そもそも事件の原因があったのではという憶測記事が出て、
志方や雪子(田中美佐子)、真弓(仁村紗和)らは怒りに震える。

志方は出版社に勧められて、反論の手記を出すことに。

少年を殺意むき出しで激しく糾弾する内容と、
さらには編集部が企画した座談会でも
満への憎しみを感情的にぶちまけたことで、
世間から猛烈なバッシングが巻き起こる。

恭介側の家庭の問題や、
事件当夜に志方がいかがわしいデートクラブにいたことも発覚し、
志方家や職場にまでマスコミが押しかける事態に発展してしまう。

一方、満の母・はつみ(田中美里)は、
息子が犯した罪に打ちひしがれながらも、
せめて志方家に謝罪したいと申し出るが、
満の弁護士・若菜(内田滋)に「その必要はない」と止められる。

警察は、高城秀子(黛英里佳)という女性に対する
暴行事件にも満の関与を疑っていた。

はつみは、理解しているつもりでいた息子の
得体のしれない部分を突きつけられ、戸惑うばかりだった。

志方は、事態を重く見た会社から休職を命じられる。

雪子もフラワーアレンジメントの講師を辞めざるをえなくなり、
真弓は婚約者の父親から婚約破棄を告げられてしまう。

恭介の事件と、志方の言動が引き起こしたバッシングは、
志方家に大きな暗い影を落としていた。

そんな中、満が高城秀子への暴行を認めたという知らせが入る。

満は、恭介と共謀してやった、
10万円を恭介に脅し取られた、と供述していると言う。

信じられない志方だったが、
恭介の部屋を探すと供述通りの10万円が見つかり、呆然とする。

恭介は、秀子に憧れてラブレターまで書いていたのだ。
彼女を襲ったりなどするはずがない。

恭介のことは信じている。
しかし――

真実を求めて、志方はある無謀な行動に出るのだが…。
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」2話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」1話のあらすじや感想

◆ドラマ「それぞれの断崖」1話のあらすじ

第1話 8月3日(土) 23:40〜
「何が原因なんだ…」

物は飛び散り荒れ放題のリビングの惨状を前に、
志方恭一郎(遠藤憲一)は、
妻・雪子(田中美佐子)に呆然と問いかけた――。

コンピュータ会社の企画開発部長である
志方の中学2年生の息子・恭介(渡邉蒼)が
不登校になったのは、ほんの1ヵ月前のことだった。

それまでは素直でおとなしかった恭介が、
別人のようにキレて暴力をふるうようになったのだ。

志方夫妻も、長女の真弓(仁村紗和)、
次女の真紀(永瀬莉子)も、
訳が分からず途方に暮れるばかりだった。

「息子さんも悩んでいるんですよ」
得意先の葵電気の担当者・丹野(梨本謙次郎)の言葉は、
苦しむ志方の心を少し楽にしてくれた。

丹野が社内の反対を押し切って調整に尽力してくれたおかげで、
葵電気とは大きな契約が成立したばかりだった。

自身も子供の家庭内暴力に悩んだ経験がある丹野は、
志方のよき相談相手でもあった。

自分の弱みを見せることで子供を理解できるかもしれない、
という丹野の言葉で、志方は恭介と本音で向き合う決意をする。

志方は会社からの帰宅途中、
恭介が別の少年ともみ合う場面に出会う。

八巻満(清水大登)と名乗るその少年は、
礼儀正しく挨拶して立ち去った。

シングルマザー八巻はつみ(田中美里)の
一人息子である満は恭介の親友だという。

怪訝に思いながらも志方は、
「恭介、鯛焼き食わないか?」と声をかける。

恭介と車で海へ向かった志方は、
海岸で鯛焼きを頬張りながら、
自分の過去の恥部を語る。

自分のことは話そうとしない恭介だったが、
素直に志方の言葉に耳を傾け、
「…生きていくのは辛いね…」とつぶやく。

久しぶりに息子と心が通い合ったような気がしてほっとする志方だった。

翌日、志方を衝撃が襲う。

会社の上層部が、強引に葵電気との契約を破棄したのだ。

猛然と上司に抗議する志方だったが、
もはや決定事項であり覆せないところまで話は進んでいた。

丹野を裏切ってしまった…

志方は謝罪に向かうが、
窮地に立つ丹野はそれを受け入れる余裕もない状態だった。

落ち込む志方はその夜、
深酒したあげく部下に連れられていかがわしいデートクラブに行く。

そのことが、後に自分自身を追いつめることになるとは夢にも思わず…。

酩酊して帰宅した志方に、
雪子(田中美佐子)が思いつめた顔で告げる。

「恭介がまだ帰らないのよ」
一気に酔いが覚める志方だったが、
まだ事態を深刻にとらえてはいなかった。

まもなく警察から、
信じがたい知らせがもたらされる。

「え…恭介が…?」

志方の、悪夢の日々の始まりであった――。
引用:「それぞれの断崖」公式サイト

◆ドラマ「それぞれの断崖」1話の感想

⇒FODの登録はこちら!

ドラマ「それぞれの断崖」の動画を無料で1話〜最終回まで見逃し配信で見る方法!あらすじや感想も! まとめ

ドラマ「それぞれの断崖」の
見逃し配信
について紹介しました。

遠藤憲一と田中美佐子が出演するドラマ、
ドラマ「それぞれの断崖」
ぜひご覧ください!

⇒FODの登録はこちら!
⇒FODプレミアムの無料登録と解約方法!画像つきで詳しく解説!

※最新の情報はFODで確認してください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket